退職時の有給消化の可否と、転職希望者の有給休暇の使い方

時期・日数に関係なく消化できる有給休暇

 

 退職する時に有給休暇を取るのは気が引けると感じる人も多いでしょう。しかもその有給休暇の日数が多ければ多いほど、会社に対して申し訳ない気持ちになる人もいると思います。

 

 ただ、有給休暇というのは、そのタイミングや日数に関係なく消化することができるため、退職時に有給消化するのももちろん有りですし、残日数の多い少ないというのも本来は気にする必要はないのです。

 

 とは言っても気になってしまうかもしれません。そんな人は、どの点に気を付けてこの問題を処理していくのがいいのか、是非、この機会に考えてみましょう。 

 

気をつけたいのはその会社のルール

 

 退職時に有給休暇を消化しようかしまいか悩んでいる人が最も気にしたいのは、勤めている会社のルールです。

 

 多くは就業規則を気にすることになると思いますが、そこに退職時の決まりが書いてある可能性があるのです。退職時、きちんと引き継ぎ等をしない場合には退職金をカットするとか、そして有給休暇の取得を認めないとか、そういったことが書いてあるかもしれないので、退職を考えた時点でチェックしておいた方がいいでしょう。

 

 実際に、この就業規則を守らなかったために、退職時の有給消化が認められなかった事例も存在し、会社側の主張を認めた判例もあります。暗黙のルールやその会社の慣習なども含め、ルールを守った上で有給消化を考えなければなりません。

 

転職活動のために使うのも有り

 

 もし転職先がまだ確実に決まっていないのであれば、有給休暇を転職活動のために消化するのもいいのかもしれません。こうすれば、最後の最後にまとめて取得するのではなく、辞めるまでに分散して消化することができるため、会社への負担も少なくて済むのではないでしょうか。

 

 それでいて、面接の日程調整等がしやすくなるため、在職中の転職活動のデメリットを最小限にすることも可能となるでしょう。

 

 既に転職先が決まっていたとしても、こうした分散型の有給消化にすれば、もしかしたらまとめて取得・消化するよりも会社側に認めてもらいやすくなるかもしれません。

 

 

【関連記事】