32歳の転職希望者は転職活動期間を短くすることができるはず

2か月くらいと言われています

 

 どのような仕事に就くのか、どのような会社が自分に合っているのか、人それぞれ違うはずです。ということは、転職活動のスタイルも、それにかかる期間も、人それぞれ違うことになるはずです。

 

 とは言っても、周りのことが気になってしまうのが日本人。そんな日本人気質の転職希望者に言えることは、32歳で転職を目指しているなら、それにかかる期間は2か月くらいとされているということ。

 

 もし3か月を過ぎるようだと、少しかかり過ぎと言われてしまいます。そんな人にならないように転職計画を立て、きっちりと活動を進めていってもらいたいものです。

 

2か月で転職できる人は、1か月でできます

 

 32歳という年齢、これは転職するには抜群の年齢です。学校を卒業してからすぐに就職した人は10年前後の社会人経験があるわけですし、スポーツ選手を見てもわかりますが、32歳はまだまだ体力もあり動くことができます。

 

 中途採用者を募っている企業としても、この年齢の人材は喉から手が出るほど欲しいと思っていることでしょう。

 

 2か月で転職できる人は、それなりに転職市場でも価値があると思われるため、気合を入れ、うまく活動すれば1か月で転職できてしまうのではないでしょうか。
 転職活動期間は短ければ短いほどいい。一生に何度もあるわけではありませんから、ここぞとばかりに気合を入れ若さと経験を生かしつつ、1か月での転職を目指してみてはどうでしょう。

 

転職ツールの利用は絶対に必要

 

 1か月で転職するためには、転職ツールを使わなければいけません。というよりも、32歳は、この転職ツールを使わないともったいない。

 

 転職エージェントを利用すれば、キャリアコンサルタントも積極的に企業の求人情報案件を紹介してくれるはずです。スカウト機能を利用すれば、次々とスカウトメールやオファーが届くでしょう。

 

 32歳であってもこれらのツールを用いず転職活動を行うとなれば、3か月や4か月という期間が当たり前となってしまうかもしれません。

 

 

 

【関連記事】