在職中に転職か・退職後に転職かの選択は、さほど難しいものではないのかもしれません

在職中と退職後の違い

 

 在職中と退職後、これには違いがあるため、多くの人がどちらで転職活動を行えばいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

 

・収入があるかないか
・失業中の期間があるかないか
・書類審査や面接審査での人事担当者への印象
・転職活動に時間を割けるのか割けないのか

 

 主に、こうした違いがあると考えられます。判断が難しいのは、人によってこれらの違いの捉え方が異なるからでしょう。ただ、収入はあった方がいいはずですし、失業の期間がない方が人事担当者への印象も悪くなることはありません。これは確かなこと。

 

 と考えると、在職中と退職後の違いで唯一在職中の欠点となりそうなのが、時間を割くことができないという最後の項目。この最後の項目のための他を犠牲にするのは、やはり賢い選択とはならないと考えられます。

 

自身や転職市場の把握でわかる転職のタイミング

 

 転職を決意すれば、自分自身のことや転職市場のことは嫌でも把握しなければなりません。それをせずに転職するのはあまり賢くない人。できれば、この自分自身や転職市場の把握は、会社を辞める前に行っておきましょう。

 

 なぜなら、これらを把握した時、「転職はなかなか厳しいかもしれない」と感じることがあるかもしれないからです。そう感じた時、既に退職していればもう転職に突き進むしかありませんが、自身の価値があまり高くない、転職市場はとても厳しいという状況で転職へと突っ込んでいけば、結果は見えているのではないでしょうか。転職できたとしても、100%満足できるものとはならないでしょう。

 

 だからこそ、在職中に転職活動を始めるべきであり、自身の価値が最高のものではなかったり、転職市場は厳しいものだと認識している人であれば尚更、辞める前に転職活動を始めるべきなのです。ほとんどの転職希望者は在職中に活動をスタートさせるのがベスト。もう答えは出ているはずです。

 

 

【関連記事】